初めてのマイシューズ

スケート教室に通い始めて、はや半年が経過
娘も教室にお友達が出来始めて、毎週楽しく通っていました。

進み具合も、中級クラスへの進級が
なんとな~く見え始めてきたところまできました。


中級クラスになると、クロスやスリーターン等を習い始めるので
そろそろマイシューズ⛸をどうしようかな・・・と考え始めました。

もちろん、中級クラスでも貸し靴で合格している人も沢山いますし、
上級クラスの方でも、全くいない・・という訳ではないのですが
上級クラスに上がる頃には、マイシューズ率が高くなってきてる感じは見受けられます。

やはり、貸し靴なので
当たり前ですが、色んな人が履いているので靴の癖?・・って言ったらいいのか難しいのですが
結ぶときにシューレースが切れかかってたり
正直、エッジの当たりはずれ等もありまして・・


エッジの当たり外れは、滑りにも影響があるので
娘が続ける意欲があるなら、中級クラスに進級とあわせて靴を買おうか考えてる・・という話をしたところ
『今すぐ買って!!』とのこと。

レッスン日のほか、休日に時々自主練に通っていたのですが
その時には、お教室用のシューズは貸してくれないので、一般の人と同じ
貸し靴で練習をするのですが、娘曰くやりずらいとの事。

そんな中、私が悶々と考えてる期間、偶然にも同じクラスのお友達が
立て続けにマイシューズ⛸を新調していたのもあり
娘的には、うらやましかったのもあるんだとは思いますが・・・

ただ、買ったお友達が新しい靴を履き始めたときに
革というのもあり、なじむまでに痛そうにしているのを見ていたので
月末に進級テストも控えているし、
買うとしてもテスト後にしようかな?
と考えていたのですが、とりあえず話だけでも聞きにいってみよう
と思い、リンクの近くにあるショップに行ってみることにしました。


日曜日だったこともあり、お店はなかなかの混雑具合で
対応してもらうまでに少し待っていたのですが
近くでお会計をしていた人の合計金額💸が10万近くと言われていて
『高えぇ・・・😱』と、心の中でビックリしてました。


とりあえずお店の人に、今の進み具合と予算と(→ここ重要)マイシューズを検討している旨を説明。
今後はどうしていく予定か?と聞かれたので
『まだわからないけど、上達具合によっては、
もしかしたら個人の先生に見てもらう可能性もある』とお伝えしました。
(お教室はグループレッスンなので、正直1人にかけられる時間🕛は多くないので、少し考えていました。)


そのショップでは、主にEDEAとRISPORTを勧めているとの事で
お店の方からは

EDEA→モディボ(40)・オーバーチュア(48)
RISPORT→アンタレス(30)
がチョイスされたので
靴を持ってきてもらいまして、履き比べさせてもらうことにしました。

スケート歴も短い&小学生なので、履きやすい・履きにくいでの
判断になるので、ざっくり感満載なのですが
()内に記載した数字が関連してまして
数字が上に行くほど硬さが硬くなるので、なじむまで痛かったりするとのこと
ジャンプの回転数が多くなるほど、着地の際に足首への衝撃が大きい為
硬くなっていくので、上級者になる程か硬い靴になっている
(→もれなくお値段も・・・)ということなんですね。

3つを履いた結果、娘的には
RISPORT→アンタレスが良いとの事。
数値が低いこともあり、他の2つと比べると明らかに柔らかいようで
足首に当たる感覚はなかったとの事でした。
サイズについては、極端に大きくすることはお勧めしないらしく
+1センチくらいを選びましたが、時々中敷きを抜いて
足のサイズの点検をしてあげてくださいと言われました。
靴に合わせようと足の指を縮こませる癖がついてしまうと
今後の滑りに影響するとの事。


お店の人曰く
『この靴自体は、お教室卒業・バッジテスト初級くらいまではいけるので、次に買うタイミングで
(先生に就いていて)靴の指示があればベストだと思います』


今回とりあえず話を聞きに・・で向かいましたが
ちょうどブレードとセットで売られているのが普段より
少しお安くなっていたのもあり、結局そのままお買い上げしてしまいました。

もちろんそのままの流れで、リンクへ滑りに行きましたが
足への痛みもなく、その後も痛いということはなかったので
娘にあっていたようでひと安心。


この靴には、しばらくお世話になることになります。
新たな靴を買う時期がきたら、靴についてはまた書こうと思います。


この記事へのコメント